安全性・成分

オリジンドッグフードで尿路結石を予防できる!?大切な2つのポイント

犬の尿路結石に対してオリジンドッグフードがどのように影響するのか知りたくないですか?

 

ここでは、いろいろな病気のサインとしても常に確認が必要な「オシッコ」=「泌尿器」の病気に注目してお話をします。

 

さらに、オシッコの病気のなかでも『尿路結石』にスポットライトを当て
尿路結石のその症状や原因、泌尿器の健康に対してオリジンドッグフードはどのような影響を与えるのかを解説していきます!

 

記事の内容
·尿路結石ってどんな病気?
·尿路結石ができる原因と症状
·尿路結石になりやすい犬種
·注意すべき点や対処法
·尿路結石の予防にオリジンドッグフードが推奨されている理由

結論から言いますと
オリジンのドッグフードは尿路結石のような泌尿器の健康維持に関して良いフードです
理由はpHコントロールができることと
結石の元になる塩分(カルシウム、マグネシウム)が他のドッグフードに比べて低いということです

 

オリジンドッグフードの公式サイト ↓

オリジン正規品ページ

 

オリジンドッグフードを与えて「尿路結石に影響があった」という口コミはある?

他のドッグフードの口コミを見ていて
尿路結石に関して「悪影響があった」という投稿を見かけ
心配になりリサーチすることにしました

オリジンドッグフードのあらゆるレビューや口コミを海外含めて見てきましたが
今の所、そういう口コミはありませんでした

もちろん尿路結石の原因としてドッグフードだけではなく、色々なものが考えられます

尿路結石とは?

「愛犬には健康で長生きして欲しい…」愛犬家なら誰もが願いますよね。
みなさんは、ワンちゃんの健康な体作りのために欠かせない3ヶ条をご存知ですか?

それは、

 

水原くん
水原くん
『食事・水分摂取』
『運動』
『睡眠』
これは生物全般に共通しているんです!

 

どれも毎日の日常生活のなかで当たり前に行なっていることですが
健康に生きるために、ひとつひとつがとても重要なことなのです
この3ヶ条は、人間にとっても毎日生活していく上で欠かせない、重要なものと言えますね

 

特に『食事・水分摂取』は、口内に入れてから排泄されるまで
さまざまな内臓が機能するため、それぞれの器官に大きな影響を与えます。
そして、「なに」を「どれだけ」食べる(飲む)かによっても、内臓に与える影響は大きく左右されるのです

 

尿路結石とは、オシッコに含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが結晶化した後、結石となってしまう病気で、ワンちゃんがかかりやすい病気のひとつです

 

結石は膀胱や腎臓・尿道・尿管など、オシッコが通過するさまざまな場所にできるため
結石ができた場所によりいろいろな症状を引き起こし
最悪の場合、命にかかわる事態をも招く可能性があります

 

 

尿路結石の症状

尿路結石ができてしまっていても
痛みを感じることなく無症状で過ごしているワンちゃんも多いです
しかし結石が粘膜を傷付けたり、尿路で詰まることで症状が現れます

 

主な症状
  • トイレの回数が多くなる
  • オシッコに血が混ざる
  • オシッコが出にくくなる
  • オシッコをするとき、痛みがあることによって鳴く
  • 同じ場所に留まるなど、元気がない

 

尿路結石になりやすい犬種

 

尿路結石を含む泌尿器疾患を患いやすい犬種は…

 

ダルメシアン、ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャー・テリア、シー・ズー、ラサアプソ、ブルドッグ、ダックスフンド、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなどが挙げられます

 

もちろんどの犬種にも尿路結石を患う可能性は十分にありますので
先ほど挙げた犬種はあくまでも「統計上可能性が高い犬種」という意味合いです

 

尿路結石ができる原因

例えば、グラスに入れた水に砂糖を入れてかき混ぜると
水に砂糖が十分に溶けて、砂糖は目に見えなくなります

 

この状態のまま砂糖の量をどんどん追加していくと
どんなにかき混ぜても、砂糖は結晶のままグラスの底に沈殿してしまいますよね?

 

このような現象が、ワンちゃんの尿路で起きた場合に尿路結石は作られるのです

 

食べ物や水に含まれるミネラルは、ワンちゃんの体にとって必要なものですが
必要量を超えた過剰なミネラルを摂取し、オシッコのミネラル濃度が高くなると、結晶や結石ができやすい状態になってしまいます。

 

さらに、ミネラル同士はくっつきやすい性質があります。
そのような環境下で、結晶を含んだオシッコが溜まった状態になる場所で結石が作られるのです

 

オシッコは腎臓で作られ、膀胱に溜まりますので、この2ヶ所で結石が作られます。
ですが、オシッコは腎臓や膀胱だけでなく、尿道や尿管を通って排出されるので
結石が尿道や尿管で詰まってしまい、オシッコが途中で詰まり尿が出にくくなることもあります
この状態を放置すると、尿毒症に陥り、数日で命を落としてしまう可能性もあるので、決して甘く見てはいけない病気なのです。

 

注意すべき点や対処法

ワンちゃんがオシッコをしたそうにしているのに
オシッコがなかなか出ない
オシッコの色が濃かったり血が混ざってピンク色になっている
こういう場合はすぐに動物病院で診察してもらいましょう

 

早期に治療が開始できれば、その分早く回復する可能性が高いです
食事/飲んだ水の量/オシッコの回数や量・色を毎日確認しましょう

 

対処法の大切な2つのポイントとは?
オシッコのpHと塩分

ミネラル同士がくっつき結晶や結石化が起こる大きな原因として
pH(酸性/中性/アルカリ性の指数)も関係しています
健康的な泌尿器機能を維持するためには、「5.5~6弱酸性のpH」を保つことが好ましいです。

またフードの塩分(カルシウム、マグネシウム)も要因として挙げられます
オリジンドッグフードはその点どうなのでしょうか?

尿路結石の予防にオリジンドッグフードが推奨されている理由

 

オリジンドッグフードは、高肉含有量・低マグネシウム含有量で
「高タンパク/凝縮された栄養価」を実現しています

 

また消化を促すために多くの水分摂取が必要なフードになっています
これにより、ワンちゃんが自然と水を多く飲みたくなり
水を多く摂取することによってオシッコを薄める効果が期待できます

 

そして、オリジンドッグフードのpHは5.5~6で弱酸性となっており
膀胱機能など泌尿器の健康維持について、しっかりと考えられたドッグフードです

 

また結石はカルシウムやマグネシウムから作られますから
カルシウム、マグネシウムつまり塩分を多く含むドッグフードは
尿路結石のの誘発につながってきますでは、オリジンドッグフードの原材料に含まれるミネラル分(カルシウム・マグネシウム)は数値的にどうなのでしょう?

 

オリジンドッグフードのカルシウム含有量は原材料中1.4%
(理想的なカルシウム含有量は原材料中1.0から1.4%とされていますから理想的と言えます)

 

しかもオリジンのカルシウムは添加物としてではなく100%天然のもので
原材料である食用骨と軟骨に自然に含まれています
またマグネシウムは0.09%で安全基準をクリアしています

 

このような理由から、オリジンドッグフードが推奨されています

まとめ

どんなワンちゃんにも尿路結石になる可能性があります

 

尿路結石や泌尿器の病気を患わないために
食事や給水で泌尿器の健康を維持することや
毎日オシッコをチェックすることがとても重要なのです

 

オリジンドッグフードは正直価格が高いですが、尿路結石の予防・泌尿器の健康維持への効果は期待できます
愛犬の健康で元気な姿をいつでもみたいたですよね
オリジンドッグフードをまずはお試ししてみることからオススメしています

 

愛犬とともに、健康でHappyなドッグライフを過ごしましょう!

 

オリジンドッグフードの公式サイト ↓

オリジン正規品ページ